So-net無料ブログ作成
検索選択

核電到制服底是什麼玩安全僅是紙上談兵 [金融]

交友福島事故 核廠員工死前爆內幕 (中央社記者魏紜鈴台北31日電)福島核災儆戒各界重視核安,在日核電廠工作20年的平井憲夫死前爆料核廠不堪內幕,經旅微晶瓷日作家劉黎兒奔走證實平井憲夫確有其人,而他的文章言論已在台出版成書,明天上市。 推守文化出版社在明天推出新書「核電員工最後遺言:福島事交友故15年前的災難預告」,作者是在核電廠工作20年的配管技師平井憲夫。 平井憲夫具日本國家認定1級工廠配管技師,他於30歲時被核電製造商挖角,曾任職東制服京電力民間二胎公司的福島核1與核2、日中部電力濱岡核電、日原電敦賀核電、東海核電等,他在日本核電外遇廠工作20年間,負責監督檢查核電廠內配管工程。他於1996年12月因癌症去世,得年58歲。 書中外籍新娘收錄在網路上流傳已久,平井憲夫的文章「我的最後告白:核電到底是什麼玩意?」他在文中寫道,核電廠藍圖總以技術頂尖的工人為絕對前提,做出不容一絲差錯的完美設計,卻從未有人討論過,現場人員到底有沒有這種能耐。「安全僅是紙上談兵…問題的本質是我們都太過注重理論上的安全了」。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。